Going my way

誰にでもわかる仮想通貨、暗号通貨に関する記事を発信!!稼いで自分だけの人生、道(Going my way)を行く事を目標としたサイト兼ブログ。

ブロックチェーンって何?

仮想通貨のイメージ画像"

どうも!勉強が苦手なzoo太郎です。(笑)

ブロックチェーンだけに限らず専門用語を聞くと、よくわからなかったり、

なかなか難しくて頭に入らないですよね。(笑)

ブロックチェーンってこういうものなんだ!的な感じで流し読みでも結構です!

簡単にざっくりとわかりやすく噛みくだいているのでどうぞ!

ブロックチェーンの仕組み

仮想通貨のイメージ画像"

まず『ブロックチェーン』とは一言でいえば、仮想通貨が通貨としての機能や

サービスが成り立つ上で必要な取引データ技術、といったところでしょうか。

細かく説明すると、取引データを『トランザクション』と呼びます。

 

ビットコインをユーザー間で取引したり、ビットフライヤーやザイフなどで購入したり、

今ではビックカメラでビットコイン決済もできますが、

これら全て取引データとなるので『トランザクション』となりますね。

またその複数のトランザクションをまとめたものを『ブロック』と呼びます。

これがブロックチェーンです。

 

またブロックチェーンは銀行等の特定の管理機関がなく、

ビットコイン等を利用している世界のユーザー同士が管理し合うシステムです。

皆で監視、管理をしあおう!って感じですね。

またBlockchain.infoからビットコインの売買など、

ブロックチェーンに記録されているすべての取引履歴を確認できるのも特徴です。

ブロックチェーンのメリット

続いてブロックチェーンのメリットを紹介していきましょう。

・海外送金の低コスト化

金融機関を介せず送金可能なので、海外への送金コストが大幅にカットできます。

ちなみに金融機関を介すると大体数百円から数千円の手数料が発生するので

送金回数が多ければその分コストがかかってしまいます。

ですがブロックチェーン技術によって、ユーザー同士で直接やり取りが可能なので

最小限のコストで済みます。

 

・データの不正がほぼ不可能

ブロックチェーンは暗号化されたトランザクション(取引データ)が分散して保存されています。

しかもそのトランザクションは不可逆性があるため、

意図的に不正をすれば分散したデータと整合性がとれない為、すぐに不正がバレます。

 

・中央集権化の防止

先程も説明しましたが特定の管理機関がない為、システムが実質的にダウンしないという

メリットがあります。(分散して復旧が可能)

またブロックチェーンを多くのユーザー間で共有するので、

独裁的に管理されない点もメリットですね。

ブロックチェーンのデメリット

・処理速度の問題

ブロックチェーンはまだ活用し始めの段階の為、リアルタイムでの処理や

実店舗のような即時決済を行うには問題ありきではありますね。

 

・データのみの取扱い

当然といえば当然の話ですが、ブロックチェーンはデジタルなデータのみを記録できます。

例えば現実で起こる事象等をそのままそっくり記録する、という事はできません。

逆を言ってしまえばデータ化できるものであれば記録は残せます。

まとめ

仮想通貨のイメージ画像"

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨を語る上でブロックチェーンは聞いた事あるけれども、

どんなものなのかは知らない、という方も多かったはず。

銀行や政府などが介入せず、ユーザー同士で取引データの確認と

そのデータも分散しているので改ざんや不正が起きにくいというメリットがありますね。

また今後企業での決済サービスでの活用や金融サービスに大きなメリット

もたらせると言われているので、ぜひご参考までに!

初めての仮想通貨<準備編>

仮想通貨のイメージ画像"

仮想通貨を始める前の専門知識から投資するまでの流れを一通りわかりやすく解説。

投資を検討されている方、仮想通貨という名前しか知らない、という方もまずはこちらからどうぞ。